2018
07.11

【真田】収穫期迎えた『ブルーベリー』 園児が「摘み取り体験」楽しむ

ニュース, 信州民報

現在、季節の果物・ブルーベリーが収穫期を迎えており、上田市真田地域の各観光農園では3日から順次、オープンしている。真田町本原のブルーベリー園「ベリーガーデンさなだ」(中村武光さん、℡090―1869―5973)では10日、さなだ保育園園児らによるブルーベリー摘み取り体験が行われた。

同園は平成12年ごろから、荒廃地対策として山崎観光農園活性化組合がブルーベリーの栽培を始めたもの。現在は約100㌃に「アーリーブルー」「スパータン」など、数種類の品種・約3000本のブルーベリーを栽培。3日のオープンから大きく育った実は、多くの人々に楽しまれている。

この日は、同園園児ら50人が摘み取り体験を実施。「たくさん採れた」「おいしいアイスがつくれそう」と、大はしゃぎでブルーベリーを摘み取っていた。同園を管理する、山崎観光農園活性化組合員は「黒く大きくなったものがおいしい」など、摘み取る際のアドバイスを行っている。

【50年前】一万円アップと土曜休み 市職組欲張り制限なし

同組合・高寺操次郎副組合長は「実のなり具合は例年より早い。近年の少雨で若干、実の数は少ないが甘さなどは例年通り、おいしく育っている」と話した。なおブルーベリー園の詳細は次の通り。

▽赤井活性化組合農園(若林忠道さん、℡090―2933―2235)=7日~オープン。
▽萩活性化組合ブルーベリー園(中川則幸さん、℡090―2566―5539)=7日~オープン。▽塩沢農園(塩沢勇一さん、℡080―1048―0050)=8日~オープン。
▽細流園(大久保幸吉さん、℡080―1334―8585)=25日(水)~オープン。
▽一之瀬農園(一之瀬千恵子さん、℡080―1085―6558)=25日(水)~オープン。

なお各園では摘み取り体験などができる。

摘み取り体験は一人500円(入園料込み)。持ち帰り1㌔㌘1500円。問い合わせは各農園へ。


▲園児はブルーベリー摘みに夢中!


[信州民報:2018年7月11日(水)1面]

2018年7月10日の他記事

上田高1・2年生が文化祭でバザー「井戸プロジェクト活動」継続へ 上田市(1面)

■上田市 先人顕彰活動続ける5団体が市長に陳情 旧市立図書館跡に先人館(仮称)設置を(1面)

■上田市真田地域 収穫期迎えた「ブルーベリー」園児が「摘み取り体験」楽しむ(2面)

■上田市 うえだみどり大根100万本プロジェクト 生産増を目的に市内3カ所で説明会開催 生産者組合(2面)

■上田市 信大繊維学部と韓国企業が提携 超高通気の女性用ナプキン開発(2面)

■上田市「サテライト市長室」7回開き15組31人が懇談!(2面)

■上田市西部公民館「運動教室」好評!楽しみながらできるトレーニング実践(3面)

■信州口腔ケアネットワーク 東信地区研修会で講義など 上田医療センターでひらく(3面)

■立科町 たてしな風の子環境フェア16日☆風の子広場で開催(3面)

■東御市 文化協会音楽部会が開催「おらほの町の音楽会」ハーモニカやバンドなど(4面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]