2018
07.05

【50年前】太郎山へ四千万円の道路 西川県議の努力で実現

50年前記事, ニュース, 信州民報

[昭和43年7月5日 第5896號]

信州民報に掲載された50年前の今日の見出しをピックアップしているコーナーです。

ここでは見出しと記事の一部を公開しています。記事全文をお読みになりたい方は、上田図書館にてご覧いただけます。


太郎山へ四千万円の道路 西川県議の努力で実現

近く約四千万円をかけて、太郎山登山道として林道が開設される。上田市山口の人々は太郎山の開発を念願、市など各方面へ運動してきたが、さっぱり実現しなかった。山口の人々から〝なんとかしてほしい”と頼まれた西川伊次郎県議が県林務部に交渉した結果、ようやく実現することになった。山口の人々は、同部落からの林道開設を願っているが、上田市は畜産団地そばの虚空蔵の沢に沿った場所につけてほしいとしているので、今のところ着工時期ははっきりしていないが、市と西川県議が話し合い、山口の人々の願い通りにして開設工事に取り掛かることになる見通しで…


評判悪い県営球場=設計、整備悪くケガ続出

上田市染屋にできた県営球場の初づかいで高校野球が行われたが、グランドが悪いうえに施設も不備なため、二試合だけでケガ人が二人も出た他、デッドボールが五回も出たり、内外野のミスも非常に多く、選手を始め野球関係者の間では、新球場の評判はすごく悪い。使用前から水はけが悪く、雨が降ると四、五日は水が引かないことから、土質を選ばずに敷地を選定したことに、かなり強い批判が出ていた。ところがこの新球場で球場開きを兼ねて高校野球五十周年…


男女倉に野菜団地=開拓パイロット事業に指定

【丸子】和田村では耕地面積が少なく、現在の農業生産四億円を伸ばすことが不可能なところから、五年ほど前から頭打ちになった農業を伸ばすための打開策を検討していたが、今年度から国県の補助をもらって同村男女倉に野菜団地を造成することになった…

 


洋服がよい=アンケートの結果

【田中】東部町婦人会では、さきに生活簡素化の一環として成人式の女性の和装、洋装についてアンケートをとったところ、洋服がよいが八〇・六%、訪問着がよいが一九・四%という結果が出た。なかでも四地区のうち、和地区が洋服がよい、に一番高い支持率を示していた…



[信州民報:2018年7月5日(木)2面]

2018年7月5日の他記事

東御市 全国高校総体ハンドボール女子に出場 邊見紀香さん(屋代高)が市長に報告(1面)

■上田市内 2公民館で「夏野菜の料理教室」夏の定番野菜使い料理法伝える!農業技術者連絡協生活部会の主催(1面)

■農水省 より安全な野菜を供給するため葉物野菜の衛生管理の徹底を!関東農政局長野拠点が伝える(1面)

上田署「交通死亡事故多発警報」発令!上田市内に緊急街頭指導所開設 シートベルト着用など呼びかけ(2面)

■上田市・西部公民館 長寿社会を元気に明るく健康生きがい講座ひらく 健康生きがい協東信支部(2面)

■東御市 ギャラリーすみれ屋で開催中 4人の作家が作品展示「遊展」11日まで(2面)

■信州再見707 大町桂月の浅間山登山(二)相模女子大学名誉教授 志村有弘(2面)

■上田市「上田西高祭」一般公開大盛況!うえだまちフォトコンテストも・・・(3面)

■「商店街チャレンジショップ」出店者 上田商工会議所が募集☆期限は31日!(3面)

■市役所生け花(4面)
→長野県華道教育会上田支部提供 古流松藤会 上原真由美さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]