2013
07.12

信州銘醸の大吟醸『秀峰喜久盛』全国新酒品評会で「金賞」受賞!

地域・地域活動

2013年7月12日(金) 信州民報
▼以下引用
上田市長瀬の信州銘醸(株)(滝澤光次社長)の新酒『秀峰喜久盛』大吟醸がこのほど平成25年(平成24年酒造年度)全国新酒品評会で「金賞」を受賞した。
▲引用ここまで
記事によると、今年は全国864蔵から出品され、長野県内では入賞28酒、そのうち9蔵・10酒が金賞に選ばれたそうです。
信州銘醸は平成20年まで県内初という8年連続で金賞を受賞し9年連続は途絶えたが、平成22年に金賞を受賞し、今回が3年ぶりの受賞とのこと。
これまでの金賞受賞回数17回は国内何千という蔵の中でも上位数社にかぞえられるほどの有名な蔵となっているそうです。
全国新酒品評会は、独立行政法人酒類総合研究所が主催して行われているそうです。
そのHPには平成25年5月17日付の受賞した蔵の一覧表を見ることができます。
http://www.nrib.go.jp/kan/h24by/h24bymoku_top.htm
また上田市内からは、沓掛酒造さんも参加されていて、沓掛酒造さんの方は入賞に選ばれていました。
地元の地酒がこうやって評価されることいいですね!
信州銘醸
http://www.shinmei-net.com/
(文:mitu)