2013
07.10

きらり-最後の夏の前に引退試合 丸子修学館高校

スポーツ

2013年7月10日(水) 信濃毎日新聞
▼以下引用
13日開幕の全国高校野球選手権長野県大会を控え猛練習を続ける上田市中丸子の丸子修学館高校野球部。8日夜、全部員70人余りが同市下之条の県営球場に集まった。大会ベンチ入りできない3年生14人の引退試合のためだった。
▲引用ここまで
記事によると、コーチ兼トレーナーの鮎沢亨さんが発案したそうで、部としては初めての開催。大会で使用される県営上田球場を借りたそうで、引退する14人は打順や守備位置、背番号を自分たちで決め、1、2年生チームと対戦。大会に出場する主力メンバーは応援に回ったそうです。
試合に出た3年生の生徒は「一生懸命やってきたのに公式戦にはでられない。僕らの気持ちをくんで舞台を用意してくれた人たちに感謝します」と話涙を流したそうです。
高校野球やそのほか様々な体育系の試合など高校3年生にとっては夏の大会が受験前の最後の大会になることが多いですよね。
試合に出られる人数が限られる競技の場合、どうしても出られない人が出てくるのは仕方のないことですが、こうやって出られない生徒のことを思いやってやられる試合、公式戦に出させてあげられない思いでちょっぴり切ないですが、いいですね。
(文:mitu)