2018
09.04

【議会】上田市会9月定例会開会 32日間の日程  サテライト市長室「市民と意見交換」

ニュース, 信州民報

上田市議会9月定例会は3日開会。市は条例案2件、決算承認14件、予算案2件、事件決議案3件の計21件の議案を上程した。会期は10月4日(木)までの32日間。一般質問は10日(月)~12日(水)に行われる。

土屋陽一市長は提案説明で冒頭、大阪北部地震、七月豪雨への犠牲者に哀悼の意を表し、「今回の事故を受け、市有ブロック塀の緊急点検を実施。安全性に問題のあるブロック塀などは解体・撤去を進める。また道路に面した民有ブロック塀解体のための補助制度を創設し、今定例会に関連予算を計上した」とした。

市が最優先課題とする資源循環型施設建設については「曲げることなく覚悟を持って取り組む決意」と強調。建設候補地・清浄園で7回開いた諏訪部地域住民対象のサテライト市長室は「大きな意義があった」とし、その後の市長懇談会の様子も伝えながら、「引き続き、諏訪部地域の皆さんには継続した情報提供や話し合いへの働きかけを行っていく」とした。

また「資源循環型施設建設対策連絡会とも懇談を行い、計画の早期から住民意見を反映させるため、専門家を交えた具体的な協議を行う組織を速やかに発足させることで合意。これにより科学的知見を取り入れた『安心・安全』の確保に向けた体制を整え、地域の皆さんとの合意形成に取り組む」と強調した。

公立保育園・幼稚園のエアコンについては、「予定を前倒しし、今年度中に年少クラスには全て設置。年中・年長クラスには来年夏までには設置完了を目指す」と。また「エアコン設置に向けた調査費用を計上。エアコンの早期設置を市の重要課題の一つと位置づけ取り組む」とした。

最後に「サテライト市長室はまちづくりを進めるための一つの手段」と位置付け、「清浄園に続き丸子・真田・武石の各地域自治センターで現在実施中」とし、「まちづくりは私一人では成し得ない。様々な機会を通じて、市民と積極的な意見交換を行い、市政への反映に努める」と思いを語った。


[信州民報:2018年9月4日(火)1面]

2018年9月4日の他記事

東御市滋野地区 プロジェクトチーム『FF(フォルテシモ)』が企画 滋野小でイベント「音楽を作ろう」小・中同窓生「子どもたちに貢献したい」(1面)

■上田市会9月定例会開会 32日間の日程 サテライト市長室「市民と意見交換」(1面)

■東御市会 花岡市長が召集あいさつ 外出許可により車イスで(1面)

■上田市 清明小児童が市内「戦争遺跡」見学 上田飛行場跡や戦争を伝える松など(2面)

■里山の一本の老松枯死から開始した環境市民団体~知己に根ざし、老松「切り株」と対話して25年~その3 地域に根ざした25年間の主な実践(2面)
→上田市下之郷に事務局のあるヤマンバの会事務局長の村山隆さんが執筆する記事

■スポーツレク祭・秋の部「あおきむらで遊ぼう」大人気『魚つかみ取り』(2面)

■北川鉄平のシネマ・プラス・1(ワン)伝説の夫婦を名優2人が・・・ほのぼのはればれ『モリのいる場所』(17)ほか(3面)

■上田市 ハープ奏者・津野田圭さん 土屋市長に音楽の魅力語る 15日「ハープリサイタル」(3面)

■「写友まゆ」作品展ひらく 上田市・GASギャラリー 会員11人が33作品を展示(3面)

■サルに注意!上田市武石で目撃情報(3面)

■県弁護士会が中小企業を応援 ひまわりほっと電話法律相談(3面)
→全県的な話題として見出しピックアップ

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフ大会の結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]