2018
09.01

【東御市】市内で合宿の日体大体操部が市民と交流  会場には800人参加 見事な演技に歓声

ニュース, 信州民報

体操のお兄さん・お姉さんと遊ぼう―。8月30日夜、東御市中央公園第一体育館に子どもたちの歓声が響いた。市内で合宿中(8月27~31日)の日本体育大学体操部が合宿の成果とし、子どもたちとの体操交流と市民らへの演技発表会を実施。会場には市内外から約800人が訪れて、ダイナミックな演技に歓声を挙げた。

日体大体操部の合宿は昨年に引き続いてのもので、期間中は市内全小学校(田中、滋野、祢津、和、北御牧)で同大体操部が児童に体操指導を行っている。これは子どもたちの体力づくりの一環として、昨年度から本格的にスタートしたものだ。

この日は、前半に学生が園児や児童とリズム体操をしながら交流。学生と背中を合わせて立ち上がる運動や、学生の支えで倒立するなど会場には子どもたちの笑顔があふれた。またリズム体操を通して、一緒に活動する人とのコミュニケーションの大切さなども伝えている。

後半は日体大体操部による演技発表会が行われ、部員81人が体操演技を披露した。内容は組体操やマット体操など様々で、息の合った体操部の集団演技の素晴らしさに会場からは大きな拍手が起きる。また途中、会場の観客も一緒に身体を動かしたりする場面もあり、参加者からは「日ごろの運動不足解消にもなる」との声も。

子どもたちの体力向上を推進する市教委と、社会貢献活動をしたいという日体大体操部が合致して実現した交流事業。みんなが楽しめる最大級の体操イベントは、子どもも大人も元気になった。なお11月24日(土)は日体大の東京・世田谷キャンパスメインアリーナで、同大体操部の「第50回演技発表会」が開かれる。チケット1500円。


▲日体大体操部のダイナミックな演技に大歓声


▲体操交流した学生と児童は笑顔がいっぱい


[信州民報:2018年9月1日(土)1面]

2018年9月1日の他記事

上田市 NPOの身障者協会女性部が料理教室 手話通訳通して中華料理に挑戦!(1面)

■上田市で総合教育会議 各委員が意見出し合う(1面)

■上田市 示現会県支部22作品展示 サントミューゼギャラリー「具象絵画の大作」を鑑賞(1面)

■上田市しんきんホール 生演奏の紙芝居コンサート楽しむ クラシック音楽に親しむ講座の会(2面)

■行政相談所(9月)(2面)
→上田市や近隣市町で行われる行政相談所開設日について掲載。上田市は9月10日に武石地域自治センター、11日に上田市中央公民館、19日に丸子地域自治センターと掲載

■土屋陽一さんを励ます会 上田市内ホテルに330人(2面)

■里山の一本の老松枯死から開始した環境市民団体~地域に根ざし、老松「切り株」と対話して25年~その1 ヤマンバの会事務局長村山隆 山頂「切り株」前で「会創立・伐採25周年の集い」開催(2面)

■上田市 新進作家の「きらめくプロジェクト」サントミューゼで『きらめく・・・展』9月1日まで(3面)

■上田市 日置電機が子会社設立!インドネシアに9月予定(3面)

■NPO法人設立講座 県が受講者☆募集!(3面)
→長野県の取り組みのため見出しピックアップ

■文芸コーナー(3面)
→上田市内で短歌・俳句に親しむ方々の句が掲載

■五十年前の今日の見出し 上田の台風 工事を怠っていたため 被害地がまた被害 夕からの豪雨を厳重警戒(3面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]