2018
08.30

上田法人会 6カ所で「パントマイム学校公演」 上田市立川西小は全児童が楽しむ!地域社会貢献事業 今回で23回目

ニュース, 信州民報

(一社)上田法人会(鈴木哲会長)は28、29の両日、恒例となった「パントマイム学校公演」を上田市と千曲市の小学校や養護学校など6カ所で行った。

同法人会青年部(井澤文彦部長)が中心となり、地域社会貢献事業の一環として毎年実施し、今年で23年目だ。井澤部長は「子どもたちの笑顔を見ていると、この形を続けていきたい」と話す。今年も3人のマイミストやジャグラーが学校などを訪問し、軽妙なパントマイムや曲芸を披露、児童らの歓声と拍手を浴びた。

29日、上田市立川西小学校(峯村隆校長)では、全児童259人が鑑賞。児童らはマイミストの頭や体、各部分の自由な動きに驚きの声をあげた。「人形」や「壁」など次々に会場を沸かせる、鍛えられたマイミストの演技を食い入るように見つめる。そして時には息を呑み、笑い、歓声をあげた。

「壁」の演技方法を教わってから、児童や教師が舞台に上がって挑戦。その様子に会場からは笑いと大きな拍手が。また玉や帽子、スティックを使ったジャグリングには歓声をあげ、最後には「アンコール」の声がかかるほど大盛り上がりだ。終演後、子どもたちは「壁」の手の演技をやりながら、にこやかに教室に戻っていった。


▲会場の児童も、「壁」に挑戦


▲舞台に上がって「壁」を演じる児童(右)


[信州民報:2018年8月30日(木)2面]

2018年8月30日の他記事

上田市 丸子地域で「サテライト市長室」ひらく 霊泉寺温泉自然JUKUメンバーと懇談 土屋市長が市民と意見交換!(1面)

上田市 稲倉の棚田で夏フェスタ 棚田米おにぎりなど提供(1面)

■東御市 小諸商業高レスリング部の伊藤慧亮さん レスリング「インターハイ」で3位入賞(1面)

■上田法人会 6カ所で「パントマイム学校公演」上田市立川西小は全自動が楽しむ!地域社会貢献事業 今回で23回目(2面)

■上田市 インターンシップ学生25人 土屋市長と市役所で懇談行う「観光に力を入れてほしい」(2面)

■信州再見714 雨宝院と室生犀星(三)(2面)
→相模女子大学名誉教授の志村有弘さんが執筆する記事

■上田市龍顔寺「ちいさなきつねの夏まつり」初開催!子どもたち「きつね」のお面で店を運営(3面)

■クマに注意!上田市内で目撃情報(3面)

■街角スナップ 上田市 無料開放「平井寺トンネル有料道路」30年間に産業・経済などの発展に寄与(3面)

■五十年前の今日の見出し 丸子町の鳥羽洞穴 大量の出土品 六世紀ごろ?実高で所蔵(3面)

■市役所生け花(4面)
→長野県華道教育会上田支部提供 旭翠流 林美子さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]