2018
08.04

【上田市】さくら国際高校の2人全国大会へ 岩間愛果さんと山邉浩平さん出場 卓球大会で「いいプレー」をと抱負

スポーツ, ニュース, 信州民報

全国高等学校定時制通信制体育大会「第51回卓球大会」に出場する、上田市手塚の上田煌桜学園さくら国際高等学校(森大和校長)卓球部選手らは1日、上田市庁舎に土屋陽一市長を表敬訪問。全国大会出場にかける抱負を伝えた。

この日、市庁舎を訪れたのは3年生の岩間愛果さん(17、長野市)、2年生の山邉浩平さん(17、上田市)と森校長、卓球部顧問・粂原美空教諭。岩間さんは東信地区大会と県大会で優勝、山邉さんは東信で優勝して県で3位となり、ともに全国大会の初出場を決めた。

粂原教諭は「卓球部は選手が各学年1人とマネージャー1人の計4人。短い部活動の時間を仲間で助け合ってやっている。全国大会出場は周りの支えがあってこそ」と紹介。岩間さんは「感謝の気持ちを忘れずに、県代表として納得のいくプレーを」と。山邉さんは「全力を出し切っていいプレーをしたい」と抱負を語り、土屋市長の激励の言葉を受けた。

第51回卓球大会は7日(火)から男女とも約100人が出場し、東京駒沢オリンピック公園総合屋内競技場で開く。岩間さんは取材に「小学校5年からラケットを握り、中学から本格的に卓球を始めた」とし、「県代表として、勝ち負けにこだわらず、自分のプレーを出し切ってみたい」と。また山邉さんは「小6から卓球を始めた。最高の自分の力を出し切りたい」と語った。


▲ガッツポーズの(前列右から)山邉さんと岩間さん


[信州民報:2018年8月4日(土)4面]

2018年8月4日の他記事

今年で60回目「信州上田七夕まつり」上田市海野町商店街通り 6日・7日・8日開催!(1面)

■上田市 夏の風物詩「信州上田大花火大会」多彩な20プログラムで夜空を演出 あす5日☆千曲川常田新橋下流(1面)

上田市上田広域 来年1月に環境アセス着手希望を示唆 統合ごみ処理建設で諏訪部地区で住民説明会(3面)

■長野県知事選 あす8月5日 投開票 最終盤 力を込め訴える/県選管 JR上田駅前で啓発活動!上田高生も参加し呼びかけ(3面)

■上田市さくら国際高校の2人全国大会へ 岩間愛果さんと山邉浩平さん出場 卓球大会で「いいプレー」をと抱負(4面)

■8月 上田商工会議所と県信用保証協会上田支店「創造支援融資制度利用促進キャンペーン」(4面)

■上田市 城南公民館で「子ども将棋大会」積み重ねて25回目☆盛り上がる 子どもの講座の一環でひらく!(5面)

■上田市 上田-松本間直通バス 8月は平日も運行する バス乗車特典も用意!(5面)

■第60回信州上田七夕まつり(8面)
→8月6日~8日に行われる信州上田七夕まつりの広告が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]