2018
08.03

【上田市】夏休み恒例「こどもごみ探検隊」 ごみ減量や環境への意識高めよう ごみ処理施設見学やエコ工作など

ニュース, 信州民報

子どもたちの、ごみ減量や環境への意識を高めよう―。上田市は2日、「こどもごみ探検隊」を開催し、ごみ処理施設の見学やエコ工作などを行った。市ごみ減量アドバイザー活動の一環で、関川久子リーダーらアドバイザー20人が見学や活動をサポートする。

この日は小4~6年生を対象に参加者を募り、兄弟姉妹(1~3年生)を含めて18人が参加。上田クリーンセンター敷地内のエコハウスに集合し、隣接する廃棄物処理施設㈱ウェルサイクルを見学した。

家庭から出された「プラごみ」「不燃ごみ」の選別・処理作業を見て回り、説明を受ける子どもたちは集められた大量のごみを、手作業で選別する様子を真剣に見つめる。さらに、ごみを出す際の分別の必要性などについて一生懸命に話を聞いた。その後、「ごみの多さに驚いた」「暑いなか手作業で選別し、大変そうだった」など感想を語り、「ごみを減らしたり、しっかり分別して出さなきゃいけない」と話す。

またクリーンセンターの見学では、焼却灰のリサイクルについて学習。エコハウスでは「ごみ分別ゲーム」や牛乳パックを使った「エコ工作」を行い、一日を通し、「ごみ」と「環境」について学んだ子どもたちは、最後に「修了証」を受け取った。

ごみ減量アドバイザー・関川リーダーは「児童期から意識を持ってもらおうと、夏休みを利用して開いている。子どもたちの素直な気持ちが家族に伝わると思う」とし、「ごみ減量、正しいごみの出し方を繰り返し、粘り強く伝えることが大切」と話した。

なおこの日、予定していた中古自動車リサイクルセンター見学は、暑さを考慮して中止とした。


▲「ごみは、どこで、どのように処理されているか」を見て、聞いて、学ぶ子どもたち


[信州民報:2018年8月3日(金)1面]

2018年8月3日の他記事

■上田市 夏休み恒例「こどもごみ探検隊」ごみ減量や環境への意識高めよう ごみ処理施設見学やエコ工作など(1面)

「ちゃぐりん」PRイベント盛況 上田市内で子ども向け工作体験など JA信州うえだ(1面)

■棚田に煌めく 星の里イルミネーション 信州上田稲倉の棚田 今日~(1面)

■上田市 “暑い夏”思いきり楽しもう!あす4日~「夏まつり」ひらく 丸子ドドンコ・真田まつりなど(2面)

■上田市 長大女子バレーボール部がペアで出場 ビーチバレー大学選手権全国大会へ(2面)

■上田市 武石森林公園マレットゴルフ場 14日☆無料開放(2面)

■サルに注意!上田市鹿教湯温泉地域で情報「ニホンザル」1頭目撃(2面)

■上田市・真田氏歴史館で企画展 10月1日まで開催中「真田一族が崇敬した四阿山」四阿山と真田一族の関わりは?(3面)

■上田市 友好都市・米国から訪問団が交流 上田高でゲーム・日本文化体験行う(3面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]