2018
07.31

【東御市】東御市中央公民館 刀剣作家・宮入法廣氏を応援しよう 名刀「燭台切光忠」復元を記念して 後援会が特別講演会ひらく

ニュース, 信州民報

東御市八重原の刀剣作家・宮入法廣氏を応援する、宮入法廣刀匠後援会は29日、宮入氏が取り組んだ名刀「燭台切光忠」の復元制作を記念し、市中央公民館で特別講演会を開催。併せて「刀 燭台切光忠」の復元試作品も展示した。

1956年に坂城町の刀匠の家に生まれた法廣氏は、叔父は人間国宝の故・宮入行平氏だ。人間国宝・隅谷正峯氏に師事した法廣氏は、最年少で刀匠最高位の無鑑査刀匠となる。2010年に刀剣界最高峰「正宗賞」を受賞、2011年には県無形文化財に認定された。

同後援会は平成10年に設立し、この日は後援会会長・花岡利夫市長が「設立20周年にこのような特別講演会を開催できて喜ばしい。刀匠の制作環境を市のみなで支えていく」とあいさつ。特別講演会では徳川ミュージアム館長・徳川真木氏が「刀剣プロジェクト〟継承〝―水戸徳川家に伝わる刀剣を未来へと受け継ぐ―」と題し、話した。

「刀 燭台切光忠」の復元制作は徳川光圀はじめ、徳川家の名宝約6万点を所蔵する(公財)徳川ミュージアム(水戸市)が、関東大震災で被災した水戸徳川家伝来の名刀「太刀 児手柏」と「刀 燭台切光忠」の再現に取り組んだ、刀剣プロジェクト継承によるものだ。

同ミュージアム設立50周年記念事業の一環として2016年に始動し、「刀 燭台切光忠」の復元を宮入氏に依頼。宮入氏が2年がかりで完成させ現在、同ミュージアムで展示している。

この日は真木さんが、徳川ミュージアムの概要や50周年記念事業について解説し、「刀 燭台切光忠」復元の経過を伝えた。宮入氏が復元した刀剣については「地金の鈍い光の力強さにびっくりした。今まで見た刀とは全く違う、素晴らしい『光忠』が完成した」とし、「ミュージアムまで見に来てください」と伝えた。


▲講演する徳川ミュージアム館長の徳川真木氏


▲復元した「刀 燭台切光忠」と、被災した「刀 燭台切光忠」を示し、「寸分たがわぬ刀剣が完成した」と伝える


[信州民報:2018年7月31日(火)2面]

2018年7月31日の他記事

児童数減少のなか住民としてサポートを!傍陽小PTAのOBが「学校応援隊」発足 第2弾はサッカーゴールへのペンキ塗り 上田市(1面)

■青木村 屋内の青木小体育館で夏祭りひらく 大根踊りなどアトラクション楽しむ(1面)

■強い台風12号の接近により 上田市・東御市 夏祭り 初めて中止(1面)

■刀剣作家・宮入法廣氏を応援しよう 名刀「燭台切光忠」復元を記念して講演会が特別講演会ひらく 東御市中央公民館(2面)

■上田市 市民ゴルフ大会クローバー杯表彰式 3日間にわたり開催 245人参加! 西日本7月豪雨災害への義援金贈る(2面)

■上田市 地域貢献活動を10年以上 吉岡建設が清掃活動行う!しなの鉄道線西上田駅周辺(2面)

■丸子LCがジュニアゴルフ大会ひらく 初心者対象スナッグゴルフ体験会も・・・上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部(3面)

■上田市西部公民館 千曲川ワイン講座 受講者募集(3面)

■献血日程(8月)移動採血車(3面)
→上田市内は8月4日にアリオ上田、8日に上田商工会議所、ひとまちげんき・健康プラザ、12日にイオン上田、22日に上田市役所30日に丸子保健センターで開催と掲載

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフ大会の結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]