2018
07.31

【真田町】児童数減少のなか住民としてサポートを!傍陽小PTAのOBが「学校応援隊」発足 第2弾はサッカーゴールへのペンキ塗り 

ニュース, 信州民報

上田市立傍陽小学校(畑秀幸校長、児童78人)で昨年結成した「学校応援隊」が、今年度から学校の環境整備作業などの活動を開始。28日には第2弾の活動で、校庭の錆びたサッカーゴールへのペンキ塗りを行った。

同応援隊は「児童数が減少する中、地域住民として学校の活動をサポートしていこう」と、40~50代を中心とする同校PTAのOB約10人で発足。代表を務める半田信久さんは6年前、同校PTA会長を経験した。

「児童が減り保護者も減ったので、PTA作業も大変そう。地域住民として何かできないかと思っていたところ、同じ思いを持つPTAのOBがいた」と、設立の経過を話す。第1弾は5月、運動会前に行ったPTA作業に参加し、全体作業終了後も周辺の草刈りなどを実施したという。

この日の作業には、住民自治組織「真田の郷まちづくり推進会議」(宮下俊哉会長)が協力。宮下会長も作業に参加し、「素晴らしい取り組みだと思う」と話し、ペンキ代など活動にかかる費用も協力する方向という。また畑校長も作業に参加し、「有り難いこと。夏休み後、きれいになったサッカーゴールを見て子どもたちが喜ぶと思う」と、笑顔で話した。

同応援隊はこの日、重いサッカーゴールを協力して運び、グラインダーなどで錆びを落とし、白いペンキを塗る作業を楽しそうに実施。半田代表は「子どもたちのためにという思いで、仲間と集まることを楽しみながら活動していきたい」とし、「男女問わず、仲間が増えることを望む」と話す。さらに今後については「学校の要望を聞きながら、できる範囲でコミュニティとしての機能も持ちながら活動していきたい」とした。


▲活動を始めた「学校応援隊」


▲「子どもたちが気持ちよく活動できるように」と、サッカーゴールをきれいにする


[信州民報:2018年7月31日(火)1面]

2018年7月31日の他記事

■児童数減少のなか住民としてサポートを!傍陽小PTAのOBが「学校応援隊」発足 第2弾はサッカーゴールへのペンキ塗り 上田市(1面)

■青木村 屋内の青木小体育館で夏祭りひらく 大根踊りなどアトラクション楽しむ(1面)

■強い台風12号の接近により 上田市・東御市 夏祭り 初めて中止(1面)

刀剣作家・宮入法廣氏を応援しよう 名刀「燭台切光忠」復元を記念して講演会が特別講演会ひらく 東御市中央公民館(2面)

■上田市 市民ゴルフ大会クローバー杯表彰式 3日間にわたり開催 245人参加! 西日本7月豪雨災害への義援金贈る(2面)

■上田市 地域貢献活動を10年以上 吉岡建設が清掃活動行う!しなの鉄道線西上田駅周辺(2面)

■丸子LCがジュニアゴルフ大会ひらく 初心者対象スナッグゴルフ体験会も・・・上田丸子グランヴィリオゴルフ倶楽部(3面)

■上田市西部公民館 千曲川ワイン講座 受講者募集(3面)

■献血日程(8月)移動採血車(3面)
→上田市内は8月4日にアリオ上田、8日に上田商工会議所、ひとまちげんき・健康プラザ、12日にイオン上田、22日に上田市役所30日に丸子保健センターで開催と掲載

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフ大会の結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]