2018
07.29

広島原爆の日 短編アニメ映画『あの夏のライオン』 上田市出身の作家・田中渉さん初監督 友人有志が集まり企画8月6日上映会

エンタメ, ニュース, 信州民報

上田市出身の作家・田中渉さん(51)の友人有志が集まり、田中さん初の監督作品・短編アニメ映画『あの夏のライオン』上映会を企画。「信州上田七夕まつり」の初日、そして広島原爆の日・8月6日(月)に、上田市海野町の「まちなかキャンパス」で開催する。主催の「映画『あの夏のライオン』を応援する会 上田」では、多くの参加を呼び掛けている。

同上映会は、まちなかキャンパス所属の大学生ボランティアの協力もあり、告知から集客、運営を全て手作りで実施。当日は監督の田中さんも来場し、映画の舞台・広島とネット回線でつなぎ、映画プロデューサーらと意見交換する。

アニメ映画『あの夏のライオン』は、田中さんがプロデューサー・出山知樹さん協力のもと、広島の原爆で犠牲になったアメリカ兵捕虜について長年、調査を続けてきた森重昭さんに取材を重ねて制作。2017年、広島国際映画祭で上映され、話題となった。

作品内容は原爆投下の9日前、1945年7月28日の広島が舞台。原爆投下直前に広島に降り立った、米兵の青年と少女の心の交流を描いている。上映時間は27分で、声の出演は麻生久美子さん、出先拓哉さんら。主催者は「広島原爆の日に、ぜひ若者に観てほしい。田中さんのメッセージが伝わればと思う」と話す。

田中氏は1967年3月、上田市生まれ。上田高校、早稲田大社会科学部を卒後後、電通に勤務。松久淳さんと「松久淳+田中渉」という筆名で、コンビ作家としても活動する。竹内結子さん主演で2004年に映画化された『天国の本屋~恋火』は、コンビ作家として発表した『天国の本屋』と『恋火』が原作だ。

『あの夏のライオン』上映会は8月6日(月)、海野町商店街「まちなかキャンパス」。上映時間は午後1時、3時、5時、7時の4回(入れ替え制)、各回の定員50人。入場無料。*午後3時の回で監督舞台あいさつあり。

問い合わせは同会広報担当・馬場さん℡080-4936-5812へ。


▲短編アニメ映画『あの夏のライオン』ポスター


▲上田市出身の田中渉さん


[信州民報:2018年7月29日(日)1面]

2018年7月29日の他記事

■広島原爆の日 短編アニメ映画『あの夏のライオン』上田市出身の作家・田中渉さん初監督 友人有志が集まり企画 8月6日上映会(1面)

■上田市・平井寺トンネル有料道路 8月25日午前0じから無料開放(1面)

■上田市 城南公民館で原爆パネル展 改めて平和の尊さ考えよう(1面)

■上田市・長大 3商工団体と連携協定締結!地域内での若者定住促進など(2面)

■ルートインホテルズ女子バレーボール部 出場 実業団選抜男女優勝大会(2面)

■上田友の会「夏休み子ども講習会」ひらく 服の整理など「衣」「食」学ぶ 上田友の家(2面)

■上田市 無言館で“絵画と食”を堪能「塩田平の田園風景を紡ぐ」しおだSUNダイズなど主催(2面)

■梅野記念絵画館が開館20周年記念展 伝説コレクター3人の蒐品120点展示(3面)

■2018信州総文祭 上田市で美術・工芸と演劇 東御市では弁論部門を開催 8月7日~11日(3面)

■みんなで涼しくなろう!8月1日 打ち水作戦 上田駅前お城口でひらく(3面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]