2018
07.28

【上田市】義援金「災害地の復興に使って」 本町成年会と二中生徒が届ける!

ニュース, 信州民報

災害地復興支援のために―。上田市本町で「本町祭」を開いた本町成年会(宮尾正明成年会会長)と、同町の二中生徒らは26日に義援金計約10万円を上田市へ届けた。同成年会の寄付は、東日本と栄村に震災の起きた平成23年から始まり、今回で8年目。二中生徒らの寄付は6年目となる。

同成年会は6月2日、中心商店街の裏通りにある繁華街・本町を知ってもらおうと、第14回「信州上田 本町祭」を開催。町内の飲食店が得意料理を並べた青空市場・フードブースなどに募金箱を設置し、来場者らから義援金を募った。また同町と鷹匠町から二中に通う生徒ら9人は、チャーハンや中華惣菜などを仕入れて販売した。

この日、宮尾会長と田部井登輝さん(3年)はじめ、二中生徒9人が市庁舎を訪問。宮尾会長は祭りの収益金と来場者からの募金を合わせ6万2766円を、田部井さんは売上げ金3万7000円を土屋陽一市長に手渡した。土屋市長は「震災復興に使わせてもらう」と応じ、支援の心を大切にする生徒らの思いを称えた。

祭りの日は晴天に恵まれ、2000人余が訪れて通りには人があふれ、物販は瞬く間に完売して大盛況に終わったという。田部井さんは、取材に「昨年より早く2時間で売り切れて楽しかった」とし、宮尾会長は「震災が続いている。義援金の募金も定着してきたので、支援を続けていきたい」と話していた。


▲義援金箱を手に、宮尾会長(中央左)と田部井さん(中央右)


[信州民報:2018年7月28日(土)1面]

2018年7月28日の他記事

■義援金「被災地の復興に使って」本町成年会と二中生徒が届ける!上田市(1面)

■上田市 ヴィオニア日信ブレーキシステム「市の福祉に役立てて」と寄付(1面)

■献血運動推進に協力の2社 シナノケンシとアート金属「表彰状」「感謝状」を伝達 上田保健福祉事務所(1面)

■東御市 北信越中学総合技術大会へ出場 市内中学校の生徒21人が報告!(2面)

■上田市・城南公民館 室内スポーツ&健幸フェスタ「友情と親睦」テーマに開催(2面)

■夏の交通安全やまびこ運動 依田窪安協が長和町温泉施設で-ピカピカペッタンコ作戦行う(2面)

■「こどもレストラン・きらっと」オープン まるこ福祉会ぐらんまるしぇに8月4日!上田市(2面)

■東御市文化会館「八重原工人社記念展」8月5日まで 彫刻・絵画・陶芸作品など72点展示(3面)

■文芸コーナー(3面)
→上田市内で短歌、俳句に親しむ方々の句が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]